さくらインターネットが「ASTERIA WARP」を採用 - 年間190万円のコスト減 [事例]

[2016/05/27 18:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

インフォテリアは5月26日、さくらインターネットの営業部門がインフォテリアのEAI/ESB製品「ASTERIA WARP(アステリア ワープ)」を導入したと発表した。

さくらインターネットにおけるASTERIA WARPの導入イメージ

データセンター事業およびインターネット事業を行うさくらインターネットでは、顧客の契約内容や提供サービスを変更した際、基幹システム用データベースや社内のCRM、名刺情報データベースなどから営業活動に必要な情報を抽出する必要があり、作業の手間とコストが課題となっていた。

今回、こうした営業事務の非効率化を解決するため、クラウド上にASTERIA WARPを導入。40万件に及ぶクレンジングデータのアップロードを自動化したほか、週次・月次の売上集計では、従来ローカルPC上で行っていた月5万件のデータ処理を自動化し、処理時間を導入前の10分の1に短縮できたという。こうした自動化の成果として、稼働から3カ月間で年間換算にして約190万円のコスト削減に成功したとしている。

関連リンク

1466
2
さくらインターネットが「ASTERIA WARP」を採用 - 年間190万円のコスト減 [事例]
インフォテリアは5月26日、さくらインターネットの営業部門がインフォテリアのEAI/ESB製品「ASTERIA WARP(アステリア ワープ)」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/27/0527Infoteria_001.jpg
インフォテリアは5月26日、さくらインターネットの営業部門がインフォテリアのEAI/ESB製品「ASTERIA WARP(アステリア ワープ)」を導入したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る