IoTで仕事はなくならない。変わるだけだ - JB Group IT Forum 2016

[2016/05/26 11:30] ブックマーク ブックマーク

IoTが描き出す未来を豊富な事例で紹介

「先ほどはスマートライトの事例でしたが、センサがエレベータについていたらどうなるでしょうか」(西脇氏)

その例として、鉄鋼・工業製品メーカーであり、その事業としてエレベーターの運用保守も行うドイツのティッセンクルップの事例が紹介された。同社では、センサによってエレベータの稼働状況をリアルタイムで把握・蓄積し、過去の稼働実績やほかのエレベータのデータを元に、定期検査前に故障する可能性があるとアラートを上げる仕組みを導入している。

デモで紹介されたエレベーターの管理画面。緑のラインが予測を表す

西脇氏は「これは、故障する前に修理や部品の交換をし、サービスを止めずに最も低コストで資産を維持していこうという考え方です」と説明する。

氏によれば、IoTは今後、先進国で浸透していくことが予想されるという。途上国では新しい物がどんどん売れていくが、成熟した国では今ある資産をどうやってなるべく長く、安全に運用していくかのほうが重要になるからだ。

「つまり、IoTによって仕事がなくなるのではなく、効率的になる世界が待ち受けているのです」(西脇氏)

このほかにも氏は、運送会社の例やウェアラブル端末の例、在宅医療の例などを次々に紹介。今、地球上では車両や設備、家電、人、ペットなど、さまざまなモノがインターネットにつながり、非常に効率的な社会を導き出していることを訴えた。

「世界が変わる。世の中が変わる。未来が変わる。それがIoTの役割です」(西脇氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは? - 第5回IoT/M2M展 春

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは? - 第5回IoT/M2M展 春

5月11~13日に開催された「第5回IoT/M2M展 春」。その専門セミナーに、アビームコンサルティング 製造ビジネスユニット 執行役員 プリンシパルの永井善彦氏が登壇し、「今、IoTはどうなっているのか? ~海外・国内におけるIoTビジネスモデル変革の現状と今後の課題~」と題する講演を行った。本レポートでは、その内容をダイジェストでお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る