[講演レポート提供]変化に対応せよ! クラウド時代の"要求定義"を極める

[2016/05/09 15:30] ブックマーク ブックマーク

クラウド

ゼンアーキテクツ 代表取締役 ITアーキテクト 岡大勝氏

ゼンアーキテクツ 代表取締役 ITアーキテクト 岡大勝氏

システム開発時の要求定義の手法にはさまざまなものがあるが、今のシステム開発において、それらをどのように組み合わせて使うのがベストなのだろうか。とりわけ昨今、クラウドの普及を受け、システム開発の考え方にも大きな変化が生じているようだ。

4月20日に開催された第7回マイナビニュース スペシャルセミナー「クラウド時代の”要求定義”完全攻略ガイド」では、アジャイルプロセスの国内第一人者として知られる岡大勝氏が登壇。講演では、扱いづらい要求をコントロールするための”武器(ツール)”として、今どの手法をどう組み合わせて使うべきか、ウォーターフォール型、アジャイル型プロセスにおける実際の使いどころを示しながら解説がなされた。

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で解説された「クラウド時代の今、要求はどう変わったか」や「要求の5つの状態遷移」、「今求められる要求定義の在り方とは? 」など、これからのシステムを検討/構築するうえで知っておくべき要求や要求定義の考え方についてまとめているので、ぜひご一読いただきたい。

講演レポートのご案内


全3ページから成る講演レポートでは、「クラウド時代の”要求定義”完全攻略ガイド」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。


<PDF内容>

  • クラウド時代、要求のどこが変わったのか
  • 知っておくべき要求の5つの状態遷移
  • 今、求められる要求定義の在り方とは?


>> ダウンロードはこちらから


なお、IT Search+では講演スライドも別途無料配布しております。興味のある方はこちらの記事からダウンロードしてください。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供] クラウド時代の

[講演資料提供] クラウド時代の"要求定義"完全攻略ガイド セミナー資料

「要求にも状態遷移がある。これを知ったことで、開発に着手する前に、あるいは見積もりを出すうえで、何をどう整理すれば良いのか見えるようになりました」――4月20日に開催したマイナビニュース スペシャルセミナー 第7回『クラウド時代の"要求定義"完全攻略ガイド』における岡 大勝氏のコメントである。本稿では、その講演資料を無償提供する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る