中国銀行香港支店、海外店向け勘定系システム「ORFE-Global」を採用 [事例]

[2018/11/09 19:55] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

SCSKは11月9日、中国銀行香港支店に対して海外店向け勘定系システム「ORFE-Global(オルフェ グローバル)」を提供し、旧システムである「SIBAS(サイバス)」からのシステム移行を完了したと発表した。

SIBASは、SCSKが30年以上販売している海外拠点向けトータルバンキングシステム。同社はその実績とノウハウを基にSIBASのWeb対応版としてORFE-Globalを開発し、2016年から提供している。SIBASは、IBMのオフィスコンピュータ「AS/400」上での稼働を条件としていたが、ORFE-GlobalではWebシステム構成とし、OS/ソフトウェアにはオープンソースソフトウェアを採用。これにより、初期導入/保守コストを抑えることが可能になるという。

ORFE-Globalの製品体系

中国銀行香港支店では、かねてよりSCSKのSIBASを利用していたが、今回、Web化による操作性の向上とカスタマイズ性の高さを評価し、ORFE-Globalの採用に至ったという。移行作業は、同パッケージソフト標準のデータ移行ツールを使用して進行。計画通り約11カ月間の導入期間を経て、2018年10月29日から本番稼働を開始したとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

債権回収にAIを導入! データ主導で取り組んだ業務の効率化と自動化

債権回収にAIを導入! データ主導で取り組んだ業務の効率化と自動化

SAS Institute Japanは5月18日、都内にて年次カンファレンス「SAS Forum Japan 2018」を開催した。ここでは、イオンフィナンシャルグループ エー・シー・エス債権管理回収 代表取締役社長 木村信之氏が登壇した講演「AI・機械学習技術を活用した新たな債権回収ソリューション構築へ向けて」の模様をレポートする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る