アウトソーシングテクノロジー、クラウドERP「MA-EYES」を採用 [事例]

[2018/08/16 17:25] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ビーブレイクシステムズは8月16日、アウトソーシングテクノロジーがクラウドERP「MA-EYES(エムエーアイズ)」の採用を決定し、本稼働に向けた取り組みを進めていると発表した。

Excelでのプロジェクト原価管理に限界を感じていたアウトソーシングテクノロジーでは、IT監査に対応するための業務の煩雑さが生産性を低下させていることや、請負事業やサービスにおける原価の公正価値評価が徹底されていないことが課題視されていた。そこで同社は、これらを解消するソリューションの導入を決定。各種事業を1つの製品で管理できることや、管理コストの削減、運用の簡素化などを要件に検討した結果、ビーブレイクシステムズが提供するMA-EYESの採用に至った。

導入により、導入前の課題を解決することに加え、業務情報の一元化による無駄な入力作業の低減、SFAから案件管理、請求までのシームレスな業務管理、ヒューマンエラー排除によるデータのCIA(Confidential/Integrity/Availability)確保といった効果を期待するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

CTCが人材不足の克服に向けて取り組む「制度の刷新」と「ツールの活用」

CTCが人材不足の克服に向けて取り組む「制度の刷新」と「ツールの活用」

コーナーストーンオンデマンドジャパンは7月12日、「CONVERGE TOKYO 2018」を都内にて開催した。伊藤忠テクノソリューションズ 流通エンタープライズ事業グループ 流通EPビジネス企画室 室長 田中匡憲氏が登壇したセッションでは、ビジネス部門が必要とする人材の育成に向け、同社がどのように人事制度を刷新し、ツールを活用するに至ったかについて解説がな…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る