グッドサイクルシステム、コミュニケーション基盤に「mitoco」を採用 [事例]

[2018/08/07 16:45] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

テラスカイは8月7日、グッドサイクルシステムが、テラスカイが開発したコミュニケーションプラットフォーム「mitoco」を採用し、2018年4月から全社で運用を開始したと発表した。

グッドサイクルシステムでは、社員数の増加や事業の成長に伴い、Salesforceに情報を集約することで、業務効率化を推進している。営業活動の効率化のために、これまではグループウェア製品とSalesforceのスケジュール連携を行ったり、Salesforce基盤上で動くカレンダーアプリを導入したりしてきた。

しかし、「スケジュールをリアルタイムで同期したい」「カレンダーだけでなく、コミュニケーション全般を効率化したい」といったニーズを受け、mitocoに着目。選定にあたっては、Salesforceとの連携機能が多数用意されていることや、「掲示板」機能による情報共有、バージョンアップで追加されたモバイル版により、スタッフが外出先でも業務をストレスなく進行できることを評価したという。

導入当初はカレンダーとモバイル版のカレンダーアプリから利用し始め、現在は掲示板、ToDoの利用を開始。今後はワークフローもmitocoに移行し、ビジネスコミュニケーションに関わる全ての情報をmitocoが稼働するSalesforceのプラットフォームに集約することを目指すとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

三菱UFJファクター、社内情報共有のポータルに「mitoco」を採用 [事例]

三菱UFJファクター、社内情報共有のポータルに「mitoco」を採用 [事例]

テラスカイは2月28日、三菱UFJファクターが社内情報共有のポータルとして、テラスカイのコミュニケーション・プラットフォーム「mitoco(ミトコ)」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る