ローソン、SCMに「SAP Integrated Business Planning」を導入 [事例]

[2018/08/07 12:50] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

SAPジャパンは8月7日、ローソンが、リアルタイムのサプライチェーン管理(SCM)ソリューション「SAP Integrated Business Planning」を導入したと発表した。

かねてよりローソンは、原材料調達から販売までの統合を進め、原材料調達については、社内に専門セクションを設けたり、100%子会社の機能子会社としてSCIを設立したりするなど、業務の見える化や効率化に取り組んできた。

これを踏まえ、さらに機会ロス/廃棄ロスの双方を削減しつつ、在庫リスクを最小化して利益率の大幅な向上を目指すには、新たなサプライチェーンシステムが必要だと判断。「ローソン型次世代コンビニエンスストア」実現に向けた取り組みの一環として、SAP Integrated Business Planningの導入を決定するに至った。

導入にあたっては、まず2017年3月に一部の商品カテゴリーで稼働を開始し、その後、徐々に適用範囲を拡大しているという。

新たなサプライチェーンの仕組みにより、調達、製造、物流の各工程間にある”目に見えないムダ”を排除し、効率化を進めることで、チェーン全体としての食品原材料廃棄が約56%低減され、社会・環境への配慮が可能になったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3952
2
ローソン、SCMに「SAP Integrated Business Planning」を導入 [事例]
SAPジャパンは8月7日、ローソンが、リアルタイムのサプライチェーン管理(SCM)ソリューション「SAP Integrated Business Planning」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/08/07/jirei_thumbnail.jpg
SAPジャパンは8月7日、ローソンが、リアルタイムのサプライチェーン管理(SCM)ソリューション「SAP Integrated Business Planning」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る