ヤマサ醤油、「SAP S/4HANA」を採用 - 業務管理レベルの向上を目指す [事例]

[2018/08/07 10:40] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • ERP
  • 導入事例

業務アプリケーション

SAPジャパンは8月6日、ヤマサ醤油が次世代ERPスイート「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を採用したと発表した。導入プロジェクトは、2018年6月より開始されている。

ヤマサ醤油では、基幹システムとして、会計は国産パッケージソフト、販売/生産などの業務はスクラッチ開発で構築したシステムをオンプレミスで、という構成で十数年間運用してきた。しかし、今後のメンテナンス性を考慮すると、属人的なシステム運用を改め、業務の標準化や効率化を支えるIT基盤にするために見直しが必要だと判断。2017年初頭から、本格的に基幹システム刷新の検討を開始した。

次世代システムに求める要件としては、現場力向上のための見える化、経営の意思決定ができる情報提供の迅速化、製品別の収益性を分析することによる市場競争力強化が挙げられた。複数のパッケージソフトを比較した結果、これらの要素を満たす製品として、SAP S/4HANAを採用するに至ったとしている。

ヤマサ醤油は、SAP S/4HANAの導入により、業務管理レベルの向上を通じて、次世代へ伝統を継承する新たな経営基盤の確立を目指す。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「RPAは

「RPAは"魔法の杖"ではない」- 成功企業2社が語るRPA導入のポイント

7月4日に開催された「RPA DIGITAL WORLD 2018」(主催:RPA BANK)では、実際にWinActorを導入した日清食品ホールディングスと富士運輸から担当者が登壇。RPA導入におけるポイントや、成果につながる運用方法などについて語った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る