日立ハイテクノロジーズ、「SAP S/4HANA Cloud」を導入 - 海外5拠点を統合 [事例]

[2018/07/05 18:20] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • ERP
  • 成功事例

業務アプリケーション

SAPジャパンは7月5日、日立ハイテクノロジーズが、海外グループ企業5拠点において次世代クラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を導入すると発表した。

今回の導入は、さらなる業務の効率化および事業の成長を目指し、M&Aで買収した海外5カ国5拠点の事業をシームレスに統合することを目的としたもの。導入プロジェクトは2017年11月にスタートし、英国および米国の拠点では2018年5月から稼働プロジェクトが進行している。

導入に際しては、複数製品の比較検討を実施。合計190ユーザーでの利用という拠点規模を鑑み、スピードとコストが最も重視したという。また、日立ハイテクノロジーズ本体が、現在の基幹システム環境を将来的にSAP S/4HANAに移行予定であることも考慮し、最終的にSAP S/4HANA Cloudに決定するに至った。

導入プロジェクトにおいては、あらかじめ用意されたプロセスとデモ環境を活用し、SAPの日本/ドイツ/英国/インド/デンマークの各チームがリモートコミュニケーションで連携して進行することでスピード導入を実現したという。

現在、中国/ドイツ/フィンランドの各拠点も併せ、5カ国5拠点の基幹システムを10月までに稼働開始することを目指し、プロジェクトを進行中だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3862
2
日立ハイテクノロジーズ、「SAP S/4HANA Cloud」を導入 - 海外5拠点を統合 [事例]
SAPジャパンは7月5日、日立ハイテクノロジーズが、海外グループ企業5拠点において次世代クラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を導入すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAPジャパンは7月5日、日立ハイテクノロジーズが、海外グループ企業5拠点において次世代クラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を導入すると発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る