ニッテレ債権回収、AIチャットボット「SENSY BOT for Biz」を導入 [事例]

[2018/07/04 17:10] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • AI
  • 導入事例

業務アプリケーション

SENSYは7月4日、ニッテレ債権回収が、パーソナル人工知能「SENSY」を活用したAIチャットボットサービス「SENSY BOT for Biz」を導入すると発表した。

同サービスは、ニッテレ債権回収がNTTドコモから受託している、dカードの債権管理業務において導入される。現状は電話での受付が多いものの、スマートフォンを利用する世代が増えていることから、チャットやSMSなど多様化したコミュニケーションチャネルに対応する必要性を感じていた。加えて、コンタクトセンター業務における適正な人材配置や、多様な働き方への対応も課題となっていたのだという。

今回導入されるサービスは、dカードの支払いに関して、確認したいときにいつでも特定の画面上からチャットで問い合わせることができるというもの。対象者にのみ通知される、ニッテレ債権回収のホームページ上の導線(ウィジェット)のほか、ドコモのHP、ドコモが提供するメッセージRサービスのチャット用URLなどからアクセスが可能となっている。

問い合わせがあると、AIチャットボットが「よくある質問(FAQ)」に関連する質問の自動回答を行い、解決できない場合はオペレーターとのチャットへつなぐことで対応を続ける。

SENSY BOT for Bizの利用イメージ

督促する側の人との直接的な接点を持ちたくないと考えている顧客への新たなチャネル提供という位置付けのほか、コールセンター業務における慢性的な人材不足の改善が見込めると共に、オペレーターコストの最小化が可能になるという。

ニッテレ債権回収では、将来的に、個々の顧客の状況に合致する提案/折衝をパーソナルAIが自動で行えるようにする計画。また、同様のサービスをほかの債権管理にも展開する予定だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3857
2
ニッテレ債権回収、AIチャットボット「SENSY BOT for Biz」を導入 [事例]
SENSYは7月4日、ニッテレ債権回収が、パーソナル人工知能「SENSY」を活用したAIチャットボットサービス「SENSY BOT for Biz」を導入すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SENSYは7月4日、ニッテレ債権回収が、パーソナル人工知能「SENSY」を活用したAIチャットボットサービス「SENSY BOT for Biz」を導入すると発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る