穴吹学園、AI面接サービス「SHaiN」を本格導入 [事例]

[2018/05/30 18:10] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

タレントアンドアセスメントは5月30日、同社が提供するAI面接サービス「SHaiN(シャイン)」を穴吹学園が本格導入することを決定したと発表した。

同サービスは、タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドに基づき、AIが人間の代わりに採用面接を実施し、応募者の資質を分析して診断結果レポートを提供するというもの。企業での採用活動のほか、大学などにおけるキャリア教育にも活用される。

穴吹学園では、自らの資質を把握することで就職を希望する業界や企業が具体化し、より高い目標への挑戦を可能にすると考えている。加えて、自身の弱点や改善点を明らかにすることは、就職活動や面接試験にも生かせると判断。2018年2月に実施したSHaiNの試験導入を踏まえ、今後のキャリア教育の向上に向け、今年度より本格的に導入することを決定した。

導入により、学生の資質を高め、地元優良企業への就職率UP、資質にマッチした企業選びによる定着率の向上などを目指すとしている。

また、評価データを蓄積していくことにより、学科ごとの学生の特徴や傾向を見いだし、就職指導方法の改善にもつなげていく予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3760
2
穴吹学園、AI面接サービス「SHaiN」を本格導入 [事例]
タレントアンドアセスメントは5月30日、同社が提供するAI面接サービス「SHaiN(シャイン)」を穴吹学園が本格導入することを決定したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
タレントアンドアセスメントは5月30日、同社が提供するAI面接サービス「SHaiN(シャイン)」を穴吹学園が本格導入することを決定したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る