パーツ精工、SME向けクラウドERP「SAP Business ByDesign」を採用 [事例]

[2018/04/04 12:20] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

SAPジャパンとシナプスイノベーションは4月4日、パーツ精工がSME向けクラウドERP「SAP Business ByDesign(エスエーピー・ビジネス・バイデザイン)」の採用を決定し、2月から導入プロジェクトを開始していることを発表した。

パーツ精工では従来、部分最適でシステムを導入していたが、製品の売上・原価・利益率を的確に把握し、最適な人員配置を実現するための基盤整備に向け、システムの刷新を決定。

属人的な運用をなるべく削減し、業務の標準化や効率化、最適な人員配置、そして販売・生産・財務に関わる情報をリアルタイムで把握して迅速な経営判断を行うことを目的に、SAP Business ByDesignの採用に至った。

導入は、パーツ精工と、ERP導入プロジェクトに多くの実績を持つシナプスイノベーションが共同で行うという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

小池産業、ERPスイート「SAP S/4HANA」を採用 [事例]

小池産業、ERPスイート「SAP S/4HANA」を採用 [事例]

SAPジャパンは2月1日、小池産業がERPスイート「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を採用したと発表した。小池産業では、2018年1月19日にSAP S/4HANAをインストール・業務設計を開始している。システムの構築はアイ・ピー・エスが担当する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る