朝日新聞社、販売情報共有システムをサイボウズの「kintone」で刷新 [事例]

[2018/04/02 18:15] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

富士通エフサスとサイボウズは4月2日、朝日新聞社の販売情報共有システム「ASAネットシステム」を刷新し、同日本番稼働を開始したと発表した。

2001年から運用が開始されたASAネットシステムは、全国の販売局社員のほか、販売所や協力紙、新聞販売事業をサポートするグループ会社などでさまざまなユーザーによって利用されている。

今回、朝日新聞社では、双方向コミュニケーションの強化やモバイル対応、データ利活用といったユーザーニーズの多様化に対応するために、システム刷新を決定。富士通エフサスが全体のシステム構築を担当し、その基盤として、サイボウズのクラウドサービス「kintone」を採用した。

システムの全体像

開発にあたっては、上流工程の段階から各業務部門や販売所などを対象にプロトタイプを用いた説明会を実施。現場の声を基に課題抽出、要件定義を行うことでより使いやすいシステムを目指すと共に、複数のクラウドサービスを連携させることで、短期で柔軟性の高いシステムを実現したとしている。

これにより、kintoneのポータル上で本社から登録された各種情報の閲覧や通知の確認などを行えるようになり、企業を跨いだタイムリーな情報共有やコミュニケーションが可能になる。また、販促品発注や読者問い合わせ共有などの機能により、販促支援プロセスのスピードアップと品質向上を図るという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る