三菱UFJファクター、社内情報共有のポータルに「mitoco」を採用 [事例]

[2018/03/01 17:10] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

テラスカイは2月28日、三菱UFJファクターが社内情報共有のポータルとして、テラスカイのコミュニケーション・プラットフォーム「mitoco(ミトコ)」を採用したと発表した。

三菱UFJファクターでは、2017年8月に顧客管理システムをオンプレミスのCRMからSalesforceにリプレイスしたことに伴い、社内の情報共有に利用していたイントラネットのポータルもSalesforceを基盤とするmitocoに移行した。採用の決め手は、mitocoの「掲示板」「文書管理」のアプリケーションが、リプレイス前に使っていた社内ポータルの機能をほぼ網羅しており、ノンカスタマイズでの導入が可能だった点だという。

導入により、Salesforceのプラットフォーム上にシステムを集約。システムごとの基盤更改が不要になり、管理の集約とスムーズな情報の連携が可能となるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

東京海上日動、グループウェア「mitoco」を採用 - 決め手は柔軟性の高さ

東京海上日動、グループウェア「mitoco」を採用 - 決め手は柔軟性の高さ

テラスカイは12月12日、東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)がテラスカイの次世代型グループウェア「mitoco(ミトコ)」の導入を決定したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る