小池産業、ERPスイート「SAP S/4HANA」を採用 [事例]

[2018/02/01 18:05] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • ERP
  • 導入事例

業務アプリケーション

SAPジャパンは2月1日、小池産業がERPスイート「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を採用したと発表した。小池産業では、2018年1月19日にSAP S/4HANAをインストール・業務設計を開始している。システムの構築はアイ・ピー・エスが担当する。

小池産業は、売上高500億円を経営目標に掲げ、営業力のさらなる強化や海外拠点の拡充への積極的な取り組み、デジタル変革への対応を推進している。2016年に従来利用していた基幹システムから国産業務パッケージへのリプレースを決定し、導入を開始したが、同社の事業拡大に寄与するものではなかったため、導入を中止。新たなシステムを検討することを決定し、複数のパッケージ製品の再検討を実施した。

その結果、最新技術を駆使したさまざまなデジタル変革をグローバルで提案してきたSAPジャパンのノウハウを評価し、SAP S/4HANAの採用に至ったという。同社では、SAP S/4HANAの導入により、事業・収益管理体系の再構築や営業業務の合理化・標準化・可視化を目指すとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3439
2
小池産業、ERPスイート「SAP S/4HANA」を採用 [事例]
SAPジャパンは2月1日、小池産業がERPスイート「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を採用したと発表した。小池産業では、2018年1月19日にSAP S/4HANAをインストール・業務設計を開始している。システムの構築はアイ・ピー・エスが担当する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAPジャパンは2月1日、小池産業がERPスイート「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を採用したと発表した。小池産業では、2018年1月19日にSAP S/4HANAをインストール・業務設計を開始している。システムの構築はアイ・ピー・エスが担当する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る