チームスピリット、クラウド型テレフォニーサービス「BIZTEL」を導入 [事例]

[2018/01/19 12:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

リンクは1月18日、チームスピリットがリンクのクラウド型テレフォニーサービス「BIZTEL(ビズテル)」を導入した事例を公開した。

クラウド型のERPソフトウェアを提供するチームスピリットでは従来、本社とリモート拠点でアナログの電話を使用していたため、受けた電話を拠点間ですぐに転送できるシームレスな環境が求められていた。同時に、サーバレス化・クラウド化により、インターネット環境とPCさえあれば、いつでもどこでも仕事ができる環境づくりを推進。その実現にあたっては、同社が手厚いサポートを提供する「プレミアプラン」の顧客に対応するため、電話を受ける前にその顧客の契約内容を識別できる仕組みも必要とされた。

他社製品と比較検討の結果、BIZTELを導入。2013年に5~6人から利用を開始し、現在はオフィス電話とサポートサービスで60人ほどが活用する。Salesforceとの連携・カスタマイズによって、サポート担当が顧客の契約プランを確認した上で対応できるほか、電話・FAXをBIZTELに統合したことでオフィス内のOA機器はコピー機だけになり、在宅ワークを含む国内外の複数拠点で個々の業務内容やライフステージに合わせた働き方が可能となったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

わずかな教師データで高精度回答を実現した工夫とは? - 富士通AIチャット「CHORDSHIP」

わずかな教師データで高精度回答を実現した工夫とは? - 富士通AIチャット「CHORDSHIP」

富士通は11月8日、AIチャットボットを活用したコンタクトセンター向けソリューション「FUJITSU Business Application CHORDSHIP powered by Zinrai」(CHORDSHIP)を発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る