ソフトブレーン、契約書管理にGMOクラウドの「Agree管理」を導入 [事例]

[2018/01/11 14:15] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ソフトブレーンは1月10日、GMOクラウドが「GMO電子契約サービスAgree」で展開する電子契約書保管サービス「Agree管理」を導入したと発表した。

ソフトブレーンでは、自社ソリューションである営業支援システム「eセールスマネージャー」をフロントエンドシステムに据え、交通費精算やワークフローなどのバックオフィスシステムを連携させて業務のペーパーレス化や効率化を図ってきた。

だが、契約書に関しては紙で管理する運用を続けていたため、営業担当者が外出先から契約書を確認するには、担当部門に依頼して探してもらうか、自身が帰社後に探す必要があった。

そこで同社は、業務効率化の一環として契約書の電子化プロジェクトをスタート。社内に約20,000件あった契約書を安全、かつスピーディーに電子化できるサービスとして「Agree管理」に着目し、eセールスマネージャーとの将来的な連携の可能性も踏まえ、導入に至った。

導入イメージ

これにより、外出先でも契約書を閲覧可能になったほか、検索も容易になり、契約書の確認作業にかかっていた時間を削減することにつながったという。また、ペーパーレス化によって契約書の保管のために使用していた書庫も不要になり、省スペース化も実現できたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

東洋証券、タブレット端末と「Handbook」を全店舗に導入 [事例]

東洋証券、タブレット端末と「Handbook」を全店舗に導入 [事例]

インフォテリアは12月7日、東洋証券がインフォテリアの業務用モバイル端末向けコンテンツ管理システム「Handbook(ハンドブック)」を全店舗(31支店・351名)に導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る