ソニーライフ・エイゴン生命保険、「BlackBerry UEM」を採用 [事例]

[2018/01/10 18:30] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

BlackBerryは1月10日、ソニーライフ・エイゴン生命保険が統合エンドポイント管理ソリューション「BlackBerry Unified Endpoint Manage(BlackBerry UEM)」を採用したと発表した。

ソニーライフ・エイゴン生命は2014年にデスクトップ仮想化環境を構築したが、その運用において、さまざまなモバイルデバイスで従業員が使用するアプリケーションや電子メール、カレンダーのセキュアなラッピングを行う手間が発生していた。

モバイル端末支給者の約8割は全国各地で営業活動を行うスタッフであり、どこからでも本社や同僚、顧客と機密データを共有できることが必要だった。しかし、アプリケーション更新などの際には、端末を物理的に回収してから再セットアップを行い、再び配布するプロセスが発生し、時間的コストと動作検証などの手間が大きな負担になっていた。

こうしたことから、営業スタッフがセキュアかつシームレスに業務を遂行でき、かつ効率的なIT管理を実現できる新システムを検討。さまざまなソリューションを評価した結果、BlackBerryの採用に至った。選定にあたっては、モバイルワークでの厳しいセキュリティ要件を満たすと共に、情報システム部門の運用負担を軽減できること、さまざまなOSやデバイスをサポートしていることなどが決め手になったとしている。

同社は現在、デジタル変革のさらなる推進を目的に社内外コラボレーションワークスペース「BlackBerry Workspaces」の導入を検討中だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3385
2
ソニーライフ・エイゴン生命保険、「BlackBerry UEM」を採用 [事例]
BlackBerryは1月10日、ソニーライフ・エイゴン生命保険が統合エンドポイント管理ソリューション「BlackBerry Unified Endpoint Manage(BlackBerry UEM)」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
BlackBerryは1月10日、ソニーライフ・エイゴン生命保険が統合エンドポイント管理ソリューション「BlackBerry Unified Endpoint Manage(BlackBerry UEM)」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る