マルヰ産業、社内連絡ツールとして「WowTalk for ビジネスプラス」を導入 [事例]

[2017/12/12 17:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

NTTドコモは12月12日、マルヰ産業がNTTドコモの法人向け社内コミュニケーションサービス「WowTalk for ビジネスプラス」を導入したと発表した。

沖縄県でLPガスの輸入から基地でのガスの備蓄、各家庭への配送までを行っているマルヰ産業では、日中社外で活動する社員が多いが、従来の連絡手段は電話とメール、イントラネットのみだった。そのため、メールを確認するためだけに会社に戻らねばならないことや、メールのレスポンスが遅いことなどが課題視されていた。

こうしたことから、スマートフォンを導入し、全台に「WowTalkアプリ」をインストール。いつでもどこからでもメールを確認したり、チャットでスムーズに情報共有したりすることができるようになり、業務環境が劇的に改善したという。

同社では、万一の備えとして併せてMDMサービス「あんしんマネージャー」も導入。同サービスでは、端末紛失時などに遠隔ロックや初期化を行えるため、よりセキュアにWowTalkを活用できるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

問合せチャット、米国普及を後押しした3つのメリット - SBCF 2017

問合せチャット、米国普及を後押しした3つのメリット - SBCF 2017

ECサイトや企業サイトなどで採用が増えてきたチャットツール。まだまだ日本市場に馴染むに至っていない印象が強いが、先進企業の導入効果は果たしてどの程度なのか。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る