JERA、基幹業務システムに「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を導入 [事例]

[2017/11/27 15:10] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

SAPジャパンは11月27日、JERAが「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を導入し、2017年4月に基幹業務システムを本稼働したと発表した。

国際競争力のある電力・エネルギー供給の実現により、人々の豊かなくらしと産業・経済の活力向上へ貢献することをミッションに掲げるJERAでは、その実現に向けた具体策として、経営のグローバル展開、経営判断のスピード向上、業務の標準化などを可能にする、経営システム基盤が求められていた。

そこで今回、SAP HANAに完全対応した「SAP Business Suite powered by SAP HANA」の採用を決定。選定にあたっては、複数の経営システム基盤を検討した結果、SAPの持つ経営管理としての標準機能の豊富さや拡張性、安定性、実績の多さなどが評価されたという。

2016年4月に導入プロジェクトをスタートし、1年後の2017年4月に本格稼働を開始している。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る