城南信用金庫、勘定系システムに富士通のクラウドサービス「FSPS」を採用 [事例]

[2017/10/30 10:10] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

富士通は10月27日、城南信用金庫が勘定系システム向けメインフレームクラウドサービス「FUJITSU Financial Services Solution FSPS(エフエスピーエス)」(以下、FSPS)を採用したと発表した。

同サービスでは、富士通の東日本・西日本データセンター内の「FUJITSU Standard Platform Service」上に、地域金融機関向けの業務アプリケーションを搭載した勘定系システムを構築。地域金融機関は、これを共同利用することで独自性追求とTCOの削減が両立可能だという。

城南信用金庫は従来、地域の顧客に適したサービスを提供するため、勘定系システムを自金庫で開発・運用してきた。今回、地域金融機関を取り巻く事業環境の変化に対し、より迅速かつ柔軟に対応するため、FSPSを採用。勘定系システムの運用コストを最適化できることや、既存システムからの勘定系業務アプリケーションの移行が容易な点が評価されたとしている。

FSPSを利用した勘定系システムの本格運用は、2020年に開始予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3201
2
城南信用金庫、勘定系システムに富士通のクラウドサービス「FSPS」を採用 [事例]
富士通は10月27日、城南信用金庫が勘定系システム向けメインフレームクラウドサービス「FUJITSU Financial Services Solution FSPS(エフエスピーエス)」(以下、FSPS)を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
富士通は10月27日、城南信用金庫が勘定系システム向けメインフレームクラウドサービス「FUJITSU Financial Services Solution FSPS(エフエスピーエス)」(以下、FSPS)を採用したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る