ネクスウェイ、課金・請求システムに「BSSsymphony」を導入 - 運用コストを削減 [事例]

[2017/10/19 12:25] ブックマーク ブックマーク

日立ソリューションズは10月19日、同社の顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」をネクスウェイが導入し、2017年7月に稼働開始したと発表した。

情報通信提供サービス事業を展開するネクスウェイでは、約30種類のサービスを提供しており、課金体系は約2,500通りに及ぶ。その課金管理を行う2つのシステムは長年の利用でブラックボックス化しており、システム管理部門での改修が難しいことや、運用管理の負荷が増大していることが問題になっていた。

そこで同社は、課金・請求システムの刷新を決定。複雑な課金計算に対応しており、多数の導入実績があることからBSSsymphonyの導入に至った。システムを一本化したことで、これまで2つのシステムに対してそれぞれ手動で行っていた煩雑な作業が不要となり、データの同期や既存機能のメンテナンスなども重複して行わずに済むようになった。これにより、2017年度中には運用管理にかかる作業時間を約4分の1に削減できる見込みだという。

また、導入に合わせて業務プロセスの見直しも行った結果、BSSsymphonyのパラメータ設定や各種ツールの活用により、新サービスの立ち上げなどの要望に迅速に対応することが可能になったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

白鳩、会議資料のペーパレス化に「Handbook」を採用 - 準備工数を6分の1に [事例]

白鳩、会議資料のペーパレス化に「Handbook」を採用 - 準備工数を6分の1に [事例]

インフォテリアは10月12日、白鳩が取締役会の会議資料をタブレットへ配信するツールとして、インフォテリアの「Handbook(ハンドブック)」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る