清水建設、ファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite」を採用 [事例]

[2017/10/06 15:20] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

オーシャンブリッジは10月6日、同社のファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite(エヌ・エックス・パワーライト)」が、清水建設に採用されたと発表した。

NXPowerLiteは、サイズの大きなMicrosoft OfficeファイルやJPEGファイル、PDFファイル内の余分な部分を取り除き、画像を最適なデータ形式・解像度に変換することで軽量化するソリューション。解凍ソフトや特別な閲覧ソフトなどは不要で、軽量化後も同じ形式のままファイルの閲覧・編集を行うことができる。

清水建設では、工期中の図面や契約書類、現場写真などプロジェクトに関するあらゆる竣工データを作業所ごとに保存していたが、各作業所や担当部署で管理方法が異なっていた。また、過去プロジェクトの情報や、当時の書類を参照したいという要望があったことから、全社共通のアーカイブシステムの構築の検討を開始。しかし、アーカイブ用のストレージは時間の経過と共にデータ容量が増加するため、ただストレージの増設を繰り返す対応ではコストがかさむ点が懸念された。

そこで、各ベンダーへの提案依頼書に「ファイル名や拡張子から明らかに不要なファイルを判別し、自動的に削除するプログラムを組み込む」「ファイルそのものを軽量化するツールを組み込む」という要件を明記したところ、複数の候補ベンダーの提案のなかにNXPowerLiteが盛り込まれており、軽量化後の画像ファイルの画質も顧客に提供する上で問題ないレベルだと判断されたことから、同製品の採用に至った。

稼働開始から半年経った現在、軽量化処理を行ったサーバでは平均30%の削減ができており、アーカイブ用ストレージのデータ容量は、計画通りに推移しているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3142
2
清水建設、ファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite」を採用 [事例]
オーシャンブリッジは10月6日、同社のファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite(エヌ・エックス・パワーライト)」が、清水建設に採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
オーシャンブリッジは10月6日、同社のファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite(エヌ・エックス・パワーライト)」が、清水建設に採用されたと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る