三栄コーポレーション、SAPの基幹業務ソフトウェアを採用 [事例]

[2017/09/12 11:35] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • ERP
  • 導入事例

業務アプリケーション

SAPジャパンは9月11日、三栄コーポレーションがSAPのERP製品「SAP S/4HANA Enterprise Management」および予算管理ソフト「SAP Business Planning and Consolidation」、分析ソフトウェア「SAP BusinessObjects」を採用したと発表した。

三栄コーポレーションでは、グループの経営目標を達成するために、決算の早期化や経営情報の一元化、経営判断のスピードアップ、業務の標準化・効率化を実現するIT基盤が求められていた。

採用にあたっては、さまざまな業種における各国のビジネス慣習やノウハウに対応する機能が評価されたとしている。

導入プロジェクトは4月から開始されており、システム構築はアイ・ピー・エスが行う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

デジタル変革は1日にして成らず! 踏み出すべき第一歩とは? - SAP Forum 2017

デジタル変革は1日にして成らず! 踏み出すべき第一歩とは? - SAP Forum 2017

SAPジャパンは8月4日、都内にて年次カンファレンス「SAP Forum 2017」を開催した。「It's Time. 今こそ、日本が世界をリードする存在に。」と題された基調講演では、SAPジャパン 代表取締役社長 福田 譲氏が登壇。同社が進めるイノベーションについて事例を交えて紹介し、デジタル変革に向けた展望が示された。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る