島根県健康福祉部、クラウド型Web会議システム「sMeeting」を導入 [事例]

[2017/09/08 19:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

島根県とNTTドコモ中国支社、ドコモ・システムズは9月8日、島根県健康福祉部が、NTTドコモ中国支社の法人向けクラウド型Web会議システム「sMeeting(エスミーティング)」(ドコモ・システムズが開発・サービス提供)を導入したと発表した。

島根県は地理的に東西に長く、離島(隠岐の島)を有していることから、会議の都度、参加者が1つの会場に集まるには移動時間がかかることが課題視されていた。

そこで、今年7月に県庁や保健所、児童相談所などの地方機関にWeb会議システムを搭載したタブレットを配備し、sMeetingを使ったWeb会議を試行。利用した職員に好評だったことに加え、各拠点の通信状況やシステムの動作確認などの準備も整ったことから、9月から本格運用を開始する。

島根県健康福祉部では、今後もさまざまなシーンでタブレットを活用した業務の効率化などを実施し、働き方改革に取り組んでいくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

デジタル変革は1日にして成らず! 踏み出すべき第一歩とは? - SAP Forum 2017

デジタル変革は1日にして成らず! 踏み出すべき第一歩とは? - SAP Forum 2017

SAPジャパンは8月4日、都内にて年次カンファレンス「SAP Forum 2017」を開催した。「It's Time. 今こそ、日本が世界をリードする存在に。」と題された基調講演では、SAPジャパン 代表取締役社長 福田 譲氏が登壇。同社が進めるイノベーションについて事例を交えて紹介し、デジタル変革に向けた展望が示された。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る