現実を見定めよ! SaaS ERPを利用するなら解消しておくべき「7つの誤解」

[2017/03/27 10:35]齋藤公二 ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ガートナー ジャパンは3月16~17日、「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」を東京都内にて開催。セッションに登壇したガートナー ジャパン リサーチ ディレクターの本好宏次氏は、「SaaS ERPをめぐる誤解を解く」と題し、クラウド型ERPに対して企業が抱きがちな誤解と、クラウド型ERPを活用していく際のポイントについて解説した。

クラウドERPに対する「期待」と「懸念」

SaaS型のERPサービスが浸透してきた。「Netsuite」や「Workday」といったクラウド発企業のサービスをはじめ、「SAP S/4HANA」「SAP Business ByDesign」「Oracle ERP Cloud」「Microsoft Dynamics ERP」といったグローバルベンダーのサービス、ワークスアプリケーションズや富士通「GLOVIA OM」といった国産ERPサービスなど、選択肢が充実しつつある。

本好氏はまず、こうした現状について「日本のERPのハイプ・サイクルでは、大企業向けのパブリッククラウドERPは過度な期待のピーク期にさしかかろうとしているところで、中堅・中小向けのパブリッククラウドERPは既に幻滅期を抜けつつある状況です」と指摘。さまざまなサービスが入り乱れるなかで、「期待と懸念が交錯している」と説明した。

クラウドERPを巡る「過度な期待」と「幻滅」/出典:ガートナー(2017年3月)

実際、ガートナーが2016年に行った調査では、クラウドERPに対する期待事項のトップ3が「導入コスト」「利用コスト」「セキュリティ」である一方、懸念事項のトップ3も「利用コスト」「セキュリティ」「サービス存続性」だった。大半のユーザーが「クラウドERPはコストを抑えながら安全に利用できる」と期待する一方で、同じくらいの割合のユーザーが「利用には意外にコストがかかり、セキュリティも結局はベンダーまかせにできないのでは」などと懸念を抱いているのだ。

ガートナー ジャパン リサーチ ディレクターの本好宏次氏

そんな混乱のなかで生まれているのが、SaaS ERPへの誤解である。本好氏は「SaaS ERPを巡って日本でよく見られる誤解は7つあります。それは『安い』『セキュリティは大丈夫?』『小規模ベンチャーしかいない?』『早い』『カスタマイズゼロで保守が容易』『すぐにビジネス革新につながる』『使いやすい』というものです」とし、これら7つの誤解を解く上でのポイントをアドバイスしていった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本の製造業が世界で戦うために - 産官学対談から見えてきた強み、そして課題

日本の製造業が世界で戦うために - 産官学対談から見えてきた強み、そして課題

少子化が進み、生産年齢人口が減少の一途をたどるなか、日本の「お家芸」とも言える製造業が大きな転換期を迎えている。世界を相手にビジネスで勝ち抜くにはITの力が必須であり、ロボットやAI、IoTといった最先端テクノロジーの活用は急務だ。 2月16日、東洋ビジネスエンジニアリングが開催した年次カンファレンス「mcframe Day 2017」のオープニングトーク…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る