海外事例にヒントあり! 日本の製造業が「ものづくりIT」で目指すべき姿

[2017/02/24 12:30]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

デジタル化で「リアル」を変えたサッカー独代表チーム

ERPのイメージが強いSAPだが、実際にはさまざまな分野にサービスを広げつつある。「そのなかから、何か製造業の方の参考になる最先端の事例を」と羽田氏に請われて福田氏が披露したのが、サッカーの独代表チームの事例だ。

「ドイツ代表は17大会連続でベスト8という結果を残している強豪チームなのですが、2006年のワールドカップドイツ大会で優勝できませんでした。そこで現監督に交代し、選手にセンサーを付けてデータを取ることを始めました」(福田氏)

従来から、90分間の試合で「誰がボールを取った」「点を入れた」といったデータを2,000件ほど作っていたが、カメラとセンサーを使うことで約4,000万件のデータが入手できるようになった。「これを分析することで、ボールを取られないためにはいかに早くボールを回すかが重要であるということをドイツ代表は発見した」(福田氏)のだという。

「(分析の結果)90分の試合の中で、選手がボールを保持しているのは1人あたり約2分であることがわかりました。残りの数十分間はボールを持たずに動いているのに、ボールを持った練習ばかりしているのはおかしいということで、今はボールを持たない練習を多く取り入れています」(福田氏)

氏によれば、独代表チームは「ボールを受けたらすぐにパスを出す」練習のために専用マシンを開発。2006年時には次にパスを出すまでの平均時間は2.8秒だったのだが、今は1秒以下になっているという。

また、守備能力の高い選手のデータを分析したところ、270°の範囲で自分のマーク相手とボールを持っている選手、フィクサーを常に視界に入れていることがわかった。会場では、その3者を同時に目で追う能力を高めるためのマシンも動画で紹介された。

ランダムな場所から飛び出したボールを指定された場所にパスする

フィールド上の3者を同時に目で追う練習用のマシン

これらの例から、日本のものづくりは何を学べるのか。一般に、デジタルでものづくりと言うと、現場からデータを収集してデジタルツインを作るのがポイントだと言われる。独代表は、デジタルツインを作ったことでパスを早く回すことや、3者を同時に視界に入れることの重要性を発見した。そこで終わらず、デジタルツイン側から物理世界側にフィードバックし、物理世界を変えたのだ。

これをモノづくりになぞらえると、工場のラインを見える化してデジタルの世界で最適化し、計画を変えるだけではなく、生産ラインのあり方をもう一度変えてみたり、働いている人に注目して新たな能力に磨きをかけたりすることに当てはまる。

「物理世界をデジタル化し、そしてデジタル世界から物理世界を変えていく事例としてスポーツの分野は大変参考になります。支えるだけでなく『変える』。ものづくりでも同様に、どう変えていくのかがこれから先のポイントになるでしょう」(福田氏)

つまり、デジタル化によって、現実では試せない内容をシミュレーションし、気づきを得て、リアルな世界に落とし込むことこそが重要だというわけだ。「ハードを支えるソフトウェア」ではなく、「ソフトウェアに導き出されたポイントからハードを変えていく」という主従逆転の現象も起こりうる。

それでは、デジタル化すべきポイントはどこなのか。これを発見するには「顧客目線が必要」と羽田氏は強調する。社内で考えるのではなく、顧客の目線でどこが自社の価値なのかを見極め、いち早くデジタル化していくことが重要なのだ。

羽田氏は「われわれはこれまで、ITという観点で製造業向けの製品やSIサービスを提供してきました。これからはハードウェアとソフトウェアの融合、あるいはデジタルトランスフォーメーションによる変革に向けて、製造業の皆さんに寄り添っていければと思います」と想いを語り、講演を締めくくった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [4] BLEは2へんげ

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [4] BLEは2へんげ

BLE通信の接続形態には、ブロードキャスト型とコネクション型があります。今回はこの2形態についてご説明いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る