陣屋コネクト、ホテル・旅館情報管理システムにコミュニケーションAIを採用 [事例]

[2017/02/20 17:45] ブックマーク ブックマーク

東芝 インダストリアルICTソリューション社は2月20日、同社のコミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」が、陣屋コネクト社のクラウド型ホテル・旅館情報管理システム「陣屋コネクト」の音声活用オプションに採用されたと発表した。陣屋コネクト社は、音声活用オプションサービスを同日より提供する。

RECAIUSでは、音声認識技術を活用した「音声ビューア/音声認識」や「音声書き起こしエディタ」、画像認識技術を活用した「人物ファインダ」など複数のサービスが提供されており、用途に応じて組み合わせた利用が可能となっている。今回、それらのサービスのうち、情報共有機能に特化した「RECAIUSフィールドボイス インカムEdition」が採用された。

同サービスは、タブレットやスマートフォンから入力された音声を自動的にテキストに変換し、利用者同士で情報を共有できるというもの。利用者が使う専門用語や固有名詞などをユーザー辞書に登録することで、音声認識率を高められる。

また、タブレットで入力した音声を他の複数のタブレットに同時配信する機能を備えており、テキストとして残しながら音声によるコミュニケーションをとることも可能となっている。

今回の導入は、東芝 インダストリアルICTソリューション社と陣屋コネクト社が、2016年10月から温泉旅館「元湯陣屋」で実施してきたRECAIUS搭載システムの実証実験の結果、実現したもの。

従来、同旅館ではスタッフ間のコミュニケーションに社内SNS用のタブレットと音声トランシーバを併用していた。実証実験を通じ、業務効率の向上やコミュニケーションの活性化が認められたため、元湯陣屋への本格導入と陣屋コネクトの音声活用オプションサービスとしての商品化に至ったのだという。

採用にあたっては、タブレットで話した内容がテキストとして残るため、聞き漏らしても相手に聞き返す必要がなくなったことや、トランシーバに比べて音声がクリアになったことなどが評価されたとしている。

音声活用オプションの利用イメージ

両社は今後、蓄積されたテキスト情報や音声情報を分析し、その結果をスタッフの業務改善に活かすための実証実験を進めていく。また、同サービスとセールスフォース・ドットコムのクラウドサービス「Salesforce」のCRMを連携させ、さらなる顧客対応力の向上を目指す。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

脳科学とAIは切っても切れない間柄!? 両者が融合する未来に広がる可能性

「AI(人工知能)」という言葉がそこかしこで聞かれるようになったが、この世界にはずっと以前からもう1つの「知能」が存在している。我々、人間の「脳」だ。実はAIと脳科学は切っても切れない間柄にあり、AIが台頭してきた今、その関係性はお互いの進化を促進するかたちに発展しつつある。では今後、AIと脳科学はどのようなかたちで融合し、世界に新たなイノベーションをもたら…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る