ネクスト、ビジネスチャットツール「チャットワーク」を導入 [事例]

[2017/02/07 12:05] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ChatWorkは2月7日、不動産・住宅情報サイト「HOME’S」などを運営するネクストがビジネスチャットツール「チャットワーク」を全社導入したと発表した。

ネクストでは、組織規模の拡大に伴い、全社を横断したコミュニケーションのとりにくさや、コミュニケーション方法の分散などが課題となっていた。

これらの課題を解決するため、ネクストは即時性や利便性の観点からビジネスチャットの導入を検討。直感的かつ利用する端末を問わないシームレスなUIや、「エンタープライズプラン」で提供される管理者機能・セキュリティ機能などが決め手となり、採用に至ったのだという。

エンタープライズプランは1ユーザーあたり月額800円(税抜き)で、最小5ユーザーから利用できる。社外ユーザー制限やIPアドレスによるアクセス制限といった法人向け機能が提供されるほか、1カ月あたりの稼働率が保証基準値(99.9%)を下回った場合、ユーザー利用料の10%を返還するSLA保証制度が適用される。

導入により、ネクストは、全社コミュニケーションの活性化と大幅な業務の効率化を見込むとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2417
2
ネクスト、ビジネスチャットツール「チャットワーク」を導入 [事例]
ChatWorkは2月7日、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」などを運営するネクストがビジネスチャットツール「チャットワーク」を全社導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ChatWorkは2月7日、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」などを運営するネクストがビジネスチャットツール「チャットワーク」を全社導入したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る