京成バス、バス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」を導入 [事例]

[2017/02/06 19:45] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

東芝ソリューション販売は2月6日、同社が構築して京成バスに納入した、バス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」が、本稼働を開始したと発表した。

今回稼働開始した部品管理システムは、東芝ソリューション販売の物流在庫管理パッケージを使って構築したもの。拠点別の在庫数をリアルタイムで把握することができる。

京成バスでは10地域で営業所を展開しており、それぞれに併設する整備工場が車両部品を各々発注・保管していた。部品管理システムでは、ハンディターミナルを利用したバーコード読み込みによって車両部品の一元管理を実現。全社レベルで部品在庫の適正な管理が可能になったという。

部品管理システムによる在庫管理イメージ

併せて、発注処理における多段階の承認機能と、データベース更新情報の記録管理により、発注業務における内部統制も強化したとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2415
2
京成バス、バス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」を導入 [事例]
東芝ソリューション販売は2月6日、同社が構築して京成バスに納入した、バス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」が、本稼働を開始したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/02/0206Toshiba_001-thumb-500xauto-7936.jpg
東芝ソリューション販売は2月6日、同社が構築して京成バスに納入した、バス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」が、本稼働を開始したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る