オープンハウス、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を導入 - 顧客サポートに活用 [事例]

[2017/02/02 19:05] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

トランスコスモスは2月2日、LINE社の兄弟会社であるワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINE「LINE WORKS」をオープンハウスに導入したと発表した。

LINE WORKSは、これまで「Works Mobile」の名称で提供されていたビジネスコミュニケーションツールの最新版。同日、LINE社およびワークスモバイルジャパンより、コミュニケーションアプリ「LINE」とのトーク連携機能を追加した上で名称をLINE WORKSに変更し、提供を開始することが発表された。トランスコスモスは、このWorks Mobile(現:LINE WORKS)の販売を2016年1月より開始、導入を支援している。

不動産売買の代理・仲介事業や新築戸建分譲事業などを主事業とするオープンハウスでは、物件の問い合わせから購入、購入後のサポートに至るまでの顧客とのコミュニケーションにおいて、LINE WORKSの導入を検討。新版で実装された外部トーク連携機能により、個人の顧客と営業担当者がLINE上でコミュニケーションできるようになることから、導入を決定したのだという。導入により、管理画面上で応対履歴を管理・確認することも可能となるため、課題抽出やコンプライアンス対策などにも役立つとしている。

トーク画面のイメージ(左)と管理画面のイメージ(右)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2404
2
オープンハウス、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を導入 - 顧客サポートに活用 [事例]
トランスコスモスは2月2日、LINE社の兄弟会社であるワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINE「LINE WORKS」をオープンハウスに導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/02/02/0202Trans_thumb.jpg
トランスコスモスは2月2日、LINE社の兄弟会社であるワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINE「LINE WORKS」をオープンハウスに導入したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る