マイナビニュースマイナビ

オープンハウス、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を導入 - 顧客サポートに活用 [事例]

[2017/02/02 19:05] ブックマーク ブックマーク

トランスコスモスは2月2日、LINE社の兄弟会社であるワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINE「LINE WORKS」をオープンハウスに導入したと発表した。

LINE WORKSは、これまで「Works Mobile」の名称で提供されていたビジネスコミュニケーションツールの最新版。同日、LINE社およびワークスモバイルジャパンより、コミュニケーションアプリ「LINE」とのトーク連携機能を追加した上で名称をLINE WORKSに変更し、提供を開始することが発表された。トランスコスモスは、このWorks Mobile(現:LINE WORKS)の販売を2016年1月より開始、導入を支援している。

不動産売買の代理・仲介事業や新築戸建分譲事業などを主事業とするオープンハウスでは、物件の問い合わせから購入、購入後のサポートに至るまでの顧客とのコミュニケーションにおいて、LINE WORKSの導入を検討。新版で実装された外部トーク連携機能により、個人の顧客と営業担当者がLINE上でコミュニケーションできるようになることから、導入を決定したのだという。導入により、管理画面上で応対履歴を管理・確認することも可能となるため、課題抽出やコンプライアンス対策などにも役立つとしている。

トーク画面のイメージ(左)と管理画面のイメージ(右)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

LINE、外部メディアのマネタイズ支援強化 - 有料配信開始、広告収益分配率を見直し

LINE、外部メディアのマネタイズ支援強化 - 有料配信開始、広告収益分配率を見直し

LINEは12月5日、LINEアプリ上で昨年開始した外部メディア向け情報配信サービス「LINE アカウントメディア プラットフォーム」の新たな取り組みを発表した。有料記事配信や、ネイティブアド配信などの機能を追加し、外部メディアのマネタイズを支援するほか、記事露出面の増強などによりユーザー獲得支援も拡大する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る