古河市教育委員会、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入 [事例]

[2017/01/23 12:30] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

MetaMoJiは1月23日、古河市教育委員会がリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入したと発表した。

MetaMoJi ClassRoomは、子どもの成長や授業内容に合わせ、手書き可能なノート機能をはじめ、一斉学習・個別学習・協働学習などに対応するリアルタイム授業支援アプリ。日本語手書き入力機能「mazec」を学校利用向けに最適化して搭載し、小学校低学年から中高生までを対象に、タブレットを活用したアクティブラーニングを支援する。

「スマート教育ICT」をビジョンとして掲げる古河市教育委員会では、ICTの活用により、基礎学力の向上と21世紀型スキルの育成を目指し、アクティブラーニングやプログラミング教育などにも積極的に取り組んでいる。その一環として、2015年度より市内の全小学校23校と一部の中学校を対象に、セルラーモデルのiPadを1,421台導入した。

教育委員会主導の大規模なタブレット導入であることから、単なるICT環境の整備に留まらないように、各校による自立的なタブレット運用を推進。「学校や学年・教科に関係なく、教師同士が互いのICT活用について語り合うための共通言語となり得る製品を導入し、活用範囲を広げていきたい」という考えから、MetaMoJi ClassRoomが選定された。

採用にあたっては、どの学校でも使えるシンプルさ、表現力の高いレポート作成機能、比較的ネットワーク負荷が少ないことなどが評価されたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2349
2
古河市教育委員会、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入 [事例]
MetaMoJiは1月23日、古河市教育委員会がリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/01/23/jirei_thumbnail.jpg
MetaMoJiは1月23日、古河市教育委員会がリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る