[講演資料提供]IoTの先にあるAI労働力時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネス

[2016/12/21 08:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

12月7日(水)、東京都千代田区のパレスサイドビルにて「マイナビニュースフォーラム 2016 Winter for データ活用」が開催。Keynote 2には、KPMGコンサルティング パートナー SSOA CoE統括 田中 淳一氏が登壇し、AI労働力(デジタルレイバー : Digital Labor)について解説した。

KPMGコンサルティング パートナー SSOA CoE統括 田中 淳一氏

田中氏は、AI時代のビジネスのあり方について、RPA(Robotic Process Automation)というキーワードを用いて解説。その定義を「AIや機械学習等を含む認知技術を活用した業務自動化の取組み」と示し、「RPAはサポートツールではなく、作業者そのもの」と説明した。

これまでのコスト削減策は15~30%の削減が限界だったのに対して、RPAを活用すると40~75%の削減が可能になるという。RPAの適用レベルとしては3段階があるが、現在は「定型作業の自動化」という1段階目の実用化にとどまっているとし、今後、「非定型作業の自動化」「高度な自律化」のプロセスへと進んでいくにつれ、そのコスト削減効果はさらに高まっていくと予想した。

その後、講演では、さまざまな業種、職種におけるRPA活用事例を紹介。AI労働力時代に求められる人材像や、実ビジネスへの取り込み方などにも言及した。

*  *  *

本稿では、その講演の資料をダウンロード提供いたします。

以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンからダウンロードしてください(要会員ログイン)。

講演資料の内容


講演資料は全34ページ。一般社団法人 日本RPA協会の専務理事も務める田中 淳一氏が、RPAの定義や効果を解説したうえで、今後のビジネスへの影響などについて紹介しています。

資料では、事務処理や、会計処理、コールセンターの質疑応答サポートなど、RPAの適用事例も掲載。具体的にどこまでの作業を自動化できるのかがわかる資料となっています。

<PDF内容>

  • RPAとは何か~概要とデモのご紹介
  • デジタル化の波~ホワイトカラー業務への影響
  • RPAの市場規模
  • なぜ今、RPAか : 人件費単価差を利用したコスト削減の面から
  • RPAと親和性の高い業務
  • RPAとこれまでの自動化手法との比較
  • RPAの段階と主な適用領域
  • RPAの活用事例
  • RPA時代の必要スキルセットの変化
  • RPA時代のマクロ就業構造転換
  • RPA時代の必要な人材
  • RPA動向を踏まえて考えたいこと(まとめ)

>> ダウンロードはこちらから

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2236
2
[講演資料提供]IoTの先にあるAI労働力時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネス
2016-12-22 09:43:03
本稿では、12月7日(水)に開催した「マイナビニュースフォーラム 2016 Winter for データ活用」におけるKeynote 2「IoTの先にあるAI労働力(RPA/Digital Labor)時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネスの在り方」の講演資料をご提供いたします。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/12/20/kpmg/index.top.kpmg.jpg
本稿では、12月7日(水)に開催した「マイナビニュースフォーラム 2016 Winter for データ活用」におけるKeynote 2「IoTの先にあるAI労働力(RPA/Digital Labor)時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネスの在り方」の講演資料をご提供いたします。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る