アドバンテスト、PTCの製品ライフサイクル管理「Windchill」を導入 [事例]

[2016/11/24 17:20] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

PTCジャパンと新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は11月24日、半導体用の測定機器などを開発・製造するアドバンテストが、PTCジャパンのPLM(製品ライフサイクル管理)システム「Windchill」の導入を決定したと発表した。

アドバンテストは、日本とドイツに製品開発拠点を構えており、双方を横断する製品設計情報の管理体制を構築することが求められていた。今回、両拠点のビジネスプロセスの違いにも柔軟に対応できる点、グローバルで標準化された独自のアセスメント手法などが決め手となり、Windchillの採用に至ったのだという。

稼働後は、日本側のデータセンターに蓄積したデータをドイツ側と共有できるようにする。Windchillの独自機能によってドイツ側のシステム応答速度が高まり、効率的な共有が可能となると見込んでいる。

プロジェクトの推進は、PTCジャパンの販売代理店であるNSSOLが担当。2016年4月からプロジェクトはスタートしており、7月末にシステムの構想フェーズを終え、8月から要件定義フェーズに入っている。日本側で先行してシステムの設計と製作を進め、2017年夏ごろに稼働開始を予定する。その後ドイツ側での構築を進め、全面稼働する計画だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2125
2
アドバンテスト、PTCの製品ライフサイクル管理「Windchill」を導入 [事例]
PTCジャパンと新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は11月24日、半導体用の測定機器などを開発・製造するアドバンテストがPLM(製品ライフサイクル管理)システム「Windchill」の導入を決定したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
PTCジャパンと新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は11月24日、半導体用の測定機器などを開発・製造するアドバンテストがPLM(製品ライフサイクル管理)システム「Windchill」の導入を決定したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る