SOMPOシステムズ、テラスカイの次世代型グループウェア「mitoco」を採用 [事例]

[2016/11/18 16:45] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

テラスカイは11月18日、SOMPOシステムズが次世代型グループウェア「mitoco(ミトコ)」を導入することが決定したと発表した。

mitocoは、Salesforce上で稼働し、社内外のコミュニケーションをサポートする次世代型グループウェア。従来の社内における情報共有に加え、その共有範囲を必要に応じてパートナーや顧客など、社外にも拡張することができる。また、Salesforceの開発基盤によって、カスタムアプリケーションを追加開発することも可能となっている。

SOMPOシステムズでは、これまでNotesやSalesforceなど複数のアプリケーションによって社内コミュニケーション情報を管理していた。これをmitocoに集約することにより、コミュニケーションロスや遅延の削減に加え、Salesforce上の顧客情報や営業情報とも一元的に管理できるとしている。

今回の導入は、損保ジャパン日本興亜グループ全体への展開を視野に入れたもの。SOMPOシステムズでは、mitocoの全社的な利用を2017年4月から開始する予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

テラスカイ、グループウェアmitocoを発表 - IoT連携で会議室のムダ予約排除も

テラスカイ、グループウェアmitocoを発表 - IoT連携で会議室のムダ予約排除も

テラスカイは4月12日、同社が開発したSaaS型の次世代グループウェア「mitoco」(ミトコ)を発表した。名付け親は、「厚切りジェイソン」の芸名でも活躍するジェイソン・ダニエルソン氏。同社はmitocoに対し、ソーシャルウェアというコンセプトを打ち出している。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る