低迷する日本の社員エンゲージメント、調査で解明されたキーワードとは?

[2016/10/12 09:00] ブックマーク ブックマーク

エーオンヒューイットジャパンとコーナーストーンは10月11日、「社員エンゲージメント」に関する2016年グローバル調査結果について、合同記者説明会を開催した。同調査は毎年エーオンヒューイットが実施しているもので、日本人の社員エンゲージメントは長年にわたり世界で最下位に位置し続けているという。説明会では、最新の調査結果を元に、社員エンゲージメントの重要性や、日本企業が社員エンゲージメントを高める方法などについて解説がなされた。

「社員エンゲージメント」が注目されるワケ

1990年代後半から実施される「グローバル社員エンゲージメント調査」では、毎年1,000社以上の社員エンゲージメント調査を行っている。今回発表された結果は、170カ国・約9,000社・社員900万人以上(内、日本人は9万6,887人)の回答に基づく。調査はエーオンヒューイットが独自に開発した手法によるもので、「企業ブランド」「リーダーシップ」「パフォーマンス」「業務」「生活の質」「会社の諸制度」の6つの領域でエンゲージメントに関する約100の設問を用意し、その回答から、社員のエンゲージメントレベルとその向上に大きな影響を与える要因を定量的に分析しているという。

エーオンヒューイットジャパンの代表取締役社長 楠見スティブン氏

エーオンヒューイットジャパンの代表取締役社長 楠見スティブン氏は、「調査を実施するなかで、社員エンゲージメントが業績と非常に高い相関関係があることがはっきりしてきました」と説明する。

ここで言うエンゲージメントとは、社員の満足度やコミットメントではなく、「どの程度主体的に、会社のビジネス向上に影響を与えるような行動をとるか」を意味する。

社員エンゲージメントの向上/低下には、さまざまな要因が影響する。社員にとっては、自身のキャリアパスが見えるかどうかや自身の能力を高められるかどうかといった職場環境が重要であり、その良し悪しがエンゲージメントに反映されることになる。

一方、企業側は、そんな社員のエンゲージメントを高めたり、維持したりするために、個々の社員が持つスキルを把握し、それをどのように活用すればビジネスの成果を出せるかを意識しなければならない。

「特に、若い従業員とはかなり高い密度でコミュニケーションを取ることがエンゲージメントの向上につながるという結果が出ています」(楠見氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

コーナーストーンAPAC責任者が語るタレントマネジメント成功の秘訣とは?

コーナーストーンAPAC責任者が語るタレントマネジメント成功の秘訣とは?

企業競争が激化する今、いずれの企業も優秀な人材の獲得や育成に日々、奔走していることだろう。企業規模や業種にかかわらず、人材活用に関する悩みは尽きないものだ。そこで今回は、世界191カ国の企業約2,670社にタレントマネジメントソリューション「コーナーストーン」を提供するコーナーストーンオンデマンドで日本とAPACのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る