ユニチカ、連結会計システムにディーバの「DivaSystem」を採用 [事例]

[2016/08/23 19:40] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ディーバは8月23日、TISと共同で、総合繊維メーカーであるユニチカの連結会計システムをディーバの「DivaSystem」で刷新すると発表した。

ユニチカでは、自社の連結会計システムを刷新するにあたり、「制度改正による決算ルールへの柔軟な対応」「Oracle EBSとの連携」「Windows 10環境での動作保証」といった機能を求めていた。

検討の結果、ディーバの導入実績や保守サポートの充実度、すでにTISが導入済みだった「Oracle EBS」とスムーズに連携することなどから、DivaSystemが選定された。

DivaSystemの稼働開始は、2017年7月の予定。導入後は、従来のシステムで行っていた業務や機能を継続・維持しながら、四半期ごとの制度決算業務に対応するとともに、より効率的な連結決算業務の実現を目指す。

なお、今回のユニチカの導入により、DivaSystemの導入実績は累計900社を突破したという。

関連リンク

1752
2
ユニチカ、連結会計システムにディーバの「DivaSystem」を採用 [事例]
ディーバは8月23日、TISと共同で、総合繊維メーカーであるユニチカの連結会計システムをディーバの「DivaSystem」で刷新すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ディーバは8月23日、TISと共同で、総合繊維メーカーであるユニチカの連結会計システムをディーバの「DivaSystem」で刷新すると発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る