グロービス経営大学院、Marketoを導入 - 1年で説明会の申込者数が倍増 [事例]

[2016/08/05 17:45] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション

業務アプリケーション

マルケトは8月5日、グロービス経営大学院がマルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」を導入したと発表した。

グロービス経営大学院は「『創造と変革の志士』を輩出することで通じて、より良い社会に変えていく」というミッションを掲げ、次世代リーダーの人材育成に取り組んでいる。その一方で、増加する学生とのコミュニケーション、マーケティング施策の効果の可視化、デジタルマーケティングへの取り組みに課題を抱えていた。

同大学院では、課題解決のために2015年4月よりMarketoを導入し、受講検討者を対象としたマーケティング施策に活用。これにより、1年間でメール経由での学校説明会の申込者数が2倍に増加したほか、Facebook広告のCPA(Cost Per Acquisition)が50%に低減するなど成果を得られたという。また、ターゲティングが数分で実行可能になり、ターゲティングの精度も向上したとしている。

そのほか、リードライフサイクルの見える化やABテスト、メール開封/クリックなどの効果測定が簡単に行えるようになり、PDCAサイクルの効率化に貢献。東京校やオンラインMBAプログラムで効果的だった施策を名古屋・大阪などの他拠点でも展開することが可能になった。

今後は、受講検討者だけでなく、単科生や在校生を対象としたフォローアップの仕組み作り、卒業生向けのサービス拡充などにMarketoの活用を検討するとしている。

関連リンク

1704
2
グロービス経営大学院、Marketoを導入 - 1年で説明会の申込者数が倍増 [事例]
マルケトは8月5日、グロービス経営大学院がマルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
マルケトは8月5日、グロービス経営大学院がマルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」を導入したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る