オートバックスセブン、SAPとConcurの連携ツールで短期に稼動開始 [事例]

[2016/07/12 16:09] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

クレスコ・イー・ソリューションは7月12日、カー用品大手のオートバックスセブンに同社の「ConnectPlus for CONCUR Expense」が採用されたと発表した。

オートバックスセブンでは、以前から経費精算業務にSAPジャパンの「SAP ERP」を利用していたが、さらなる業務効率化などを目的に、新たにコンカーの経費精算クラウドサービス「Concur Expense」を導入し、双方を連携させて運用することを決めた。

「ConnectPlus for CONCUR Expense」の導入は、クラウドでの稼働を短期間に実現することが目的。同ツールは、SAP ERPとConcur Expenseをスムーズに連携させる機能を搭載し、連携データの変更が生じた場合でも、同ツールの設定変更のみで対処できるという強みがある。

オートバックスセブンでは、Concur Expenseをキックオフから約3カ月で導入。SAP ERPとConcur Expenseとの連携を2カ月で完了し、2016年4月末から稼動開始に至ったという。5月末には国内全ての事業拠点へ展開が完了し、業務部門の社員約1,000人が利用し始めたとしている。

関連リンク

1629
2
オートバックスセブン、SAPとConcurの連携ツールで短期に稼動開始 [事例]
クレスコ・イー・ソリューションは7月12日、カー用品大手のオートバックスセブンに同社の「ConnectPlus for CONCUR Expense」が採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
クレスコ・イー・ソリューションは7月12日、カー用品大手のオートバックスセブンに同社の「ConnectPlus for CONCUR Expense」が採用されたと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る