チームスピリット、Zuoraの業務効率化ツールで顧客とのリレーション強化 [事例]

[2016/06/16 17:15] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

Zuora Japanは6月16日、同社の「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)」をチームスピリットが採用したと発表した。

RBMは、サブスクリプション(継続課金)型ビジネスモデルの支援に特化した業務効率化ツール。サブスクリプション・ビジネスのプライシングや見積り、Web販売、契約管理、請求・回収、売上計上、レポート・分析などの機能を備える。

RBMが実現するサブスクリプション・ビジネスプラットフォーム概略図

チームスピリットでは、勤怠管理や経費精算、工数管理、電子稟議を一体化したクラウドサービス「TeamSpirit」をサブスクリプションモデルで提供している。同サービスでは、顧客の増加・多様化に伴い、提供当初から利用していた自社開発の請求システムでは対応しきれないという課題が浮上していた。

RBM導入後は、契約から請求、回収、売上計上のプロセスの一部を自動化することで、従来の約4割の業務効率化を見込む。また、RBMとSalesforceの連携によって営業プロセスも効率化。顧客単位のサービス利用状況の把握が容易になり、顧客ニーズに基づいたリレーション強化施策を提供できるようになったという。

関連リンク

1549
2
チームスピリット、Zuoraの業務効率化ツールで顧客とのリレーション強化 [事例]
Zuora Japanは6月16日、同社の「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)」をチームスピリットが採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2016/06/0616Zuora_001-thumb-600xauto-2350.jpg
Zuora Japanは6月16日、同社の「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)」をチームスピリットが採用したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る