【レポート】社内SNS「Talknote」、スタンプ機能追加を発表 - 森川氏とのトークセッションで明かされたスタンプへの熱い想い

[2016/03/08 09:00] ブックマーク ブックマーク

ビジネス・コミュニケーションが進む先

C Channel代表取締役 兼 トークノート社外取締役 森川亮氏

C Channel代表取締役 兼 トークノート社外取締役 森川亮氏

近年では、Talknoteやchatwork、slackなど、さまざまな社内SNSが台頭しつつある。その背景には、「メッセージをより簡単、かつスピーディーに送りたい」というニーズが存在している。アドレスや件名の入力が必要なキャリア・メールでは、もはやもどかしいというわけだ。

また、そうした社内SNSでは、ビジネス・コミュニケーションを円滑に進めるために必要なさまざまな機能が用意されつつある。トークノートの社内では、オープンでフラットな組織を目指し、会議の議事録や営業の状況など、さまざまな情報をTalknoteによって共有しているのだという。さらに顧客の声についても、顧客管理サポート・ツール「Zendesk」との連携によって自動的にTalknoteに集約され、社員がいつでも見られる状態にある。

森川氏は、「将来的には、ビジネスをより迅速かつ簡単に進めるために、すべてがチャット・インタフェースになると言われている。いずれ、チャット・ツールだけで契約が取れたり、プレゼンができたりという世界になってくるだろう。スタンプをきっかけに、すべてTalknote上でビジネスを完結するようなものを提供できれば、皆利用するはずだ」と今後の展開に期待を寄せた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

スマートデバイス、クラウドサービス、ソーシャルメディア、さらにはIoTやスマートマシンなど、企業に新たな技術が次々と浸透していく中、これからの企業IT部門はどのように変わるべきなのか。また、それに向けた製品/サービス選定の際に必ず抑えるべきポイントはどこにあるのか、ガートナー ジャパン 鈴木雅喜氏に話を聞いた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る