NTT Com、ハイブリッドクラウドサービスで「Arcserve UDP」の提供を開始 [事例]

[2017/03/28 16:30] ブックマーク ブックマーク

arcserve Japanは3月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が展開するハイブリッドクラウドサービス「Enterprise Cloud」のバックアップ・システム移行ツールとして、「Arcserve UDP」の提供が開始されたと発表した。

Enterprise Cloudは、OpenStackベースの共有型クラウドと、ベアメタルやマルチハイパーバイザー対応の仮想化環境を専有で利用できる専有型クラウドを提供するというもの。世界11カ国・14拠点で、共通仕様・共通品質のサービスを展開する。

今回、このEnterprise Cloudの顧客向けに、Arcserve UDP Advanced Edition バージョン6のライセンスが月額課金制で提供されることになる。初期費用は無料で月単位の定額料金となっており、最低利用期間は設けられていない。

これにより、ユーザーはEnterprise Cloud上で稼働するシステム・データのバックアップやリストアのほか、オンプレミス環境からEnterprise Cloudへのシステム移行や、Enterprise Cloud内での異なるサーバタイプ間におけるシステム移行、管理コンソールによるバックアップの集中管理などを行うことができる。

なお、2017年6月末まで、Enterprise CloudでのArcserve UDP利用は無料。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

クレオネットワークス、顧客向けクラウドサービスに「Arcserve UDP」を導入 [事例]

クレオネットワークス、顧客向けクラウドサービスに「Arcserve UDP」を導入 [事例]

arcserve Japanは3月15日、クレオネットワークスの顧客向けクラウドサービス「SmartStage N-CLOUD」に、統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る