ワイジェイFX、社内向けシステムのバックアップに「Commvault」を導入 [事例]

[2017/01/13 15:40] ブックマーク ブックマーク

事業継続

CommVault Systems Japanは1月13日、統合データ保護ソフトウェア「Commvault」がワイジェイFXに導入されたと発表した。

インターネットを介して金融サービスを提供するワイジェイFXでは、社内システムのバックアップ環境をシステムごとに個別に構築していた。だが、仮想マシンのバックアップをストレージのスナップショット機能で同一の筐体内に保存していたため、筐体自体に障害が発生するとシステムの復旧ができないことや、ファイルサーバのリストアを手作業で行わなければならず、煩雑な上にファイルの世代管理ができないことなど、管理・運用面で課題を抱えていたのだという。

それらの課題を解決するために、同社はアプリケーションや対象システムに依存しない統合的なバックアップソリューションの導入を検討。仮想・物理の両環境を混在できるライセンス形態や、短時間でバックアップを行えることなどから、Commvaultが選定された。

導入は2016年1月に実施され、統合的なデータ保護環境を構築。これにより、個々のサーバやストレージで操作することなくバックアップ・リストアを実施できるようになったほか、データの重要度や更新頻度などに合わせたデータ保護が可能になった。

今後、ワイジェイFXでは、Commvaultのバックアップ対象となる仮想マシンを拡大していくほか、サービス系システムにも拡張する計画だという。その1つとして、遠隔地の災害復旧サイトやクラウドサービスを併用し、Commvaultから統合的にバックアップを管理できるような環境の構築も検討中だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本製鋼所 横浜製作所、「Arcserve UDP」を採用 - 工数・コストが5分の1に [事例]

日本製鋼所 横浜製作所、「Arcserve UDP」を採用 - 工数・コストが5分の1に [事例]

Arcserve Japanは1月5日、日本製鋼所の横浜製作所が統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve UDP」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る