マイナビニュースマイナビ

【インタビュー】「BIツール導入では3つのユースケースを意識すべき」 - ガートナー 堀内氏

[2015/10/13 12:00]星原康一 ブックマーク ブックマーク

注目技術トレンド、「インメモリ」「ビジュアライゼーション」

最後に、堀内氏にBI市場における注目のトレンドについて聞くと、堀内氏は「インメモリ」と「ビジュアライゼーション」を挙げた。

インメモリはご存知の通り、データをメモリ内で処理する技術。システムの性能を大きく向上させる技術だ。専用技術としては、SAPのHANAや、Oracle Database 12cのIn-Memoryオプションなどがあるが、最近ではBIツール自体が対応するケースも多い。

ビジュアライゼーションはその名の通り、データを多彩なグラフで視覚化する技術。Qlik TechnologiesやTableau Softwareなどが得意とする分野ではあるが、こちらもさまざまな製品で強化しているポイントだ。

堀内氏はこの2つの進化が、「直感的な操作を可能にし、ものごとを変えている」と説明する。

「特に性能がネックになりがちなBIにおいて、インメモリは大きな進化です。性能が向上したからこそ、多彩なビジュアライゼーションも可能になっています。画面を見て『あーでもない、こーでもない』と悩みながら操作するのは一昔前では難しいことでした」(堀内氏)

そんな大きな変革をもたらしたインメモリだが、当然ながら、運用、設計次第では効果も薄れる。例えば、インメモリによる高性能で定評のあるBI製品でも、分析対象となるビジネス領域が拡大してゆくにつれ、複数台のサーバを用意しなければ性能を確保できない。そのとき、どのようにデータ連携すべきなのか。これはそう簡単に解決策の見つかる話ではない。

「統合用のデータベースに処理を任せるというのは1つの解かもしれません。それでも、データベースをどういう設計にするのかは悩ましい問題ですし、データ量が増えれば限界も出てきます。導入コストも問題になるかもしれません。ならば、Hadoopはどうなのか、クラウドで対応できないかなど、システムの規模が大きくなるほど問題が複雑になります。そんなときこそ、IT部門の真価が発揮されるときかもしれません」(堀内氏)

*  *  *

IoTやM2Mなどにより更なるデータの巨大化が予想される中、変化を読み取り、勝機を掴む力は今後ますます重要になる。そのための武器としてどういったものを選ぶのか。導入プロセスも含めて最適なものを検討してほしい。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

【レポート】デジタルビジネス時代の製品/サービス選びのポイントとは?

スマートデバイス、クラウドサービス、ソーシャルメディア、さらにはIoTやスマートマシンなど、企業に新たな技術が次々と浸透していく中、これからの企業IT部門はどのように変わるべきなのか。また、それに向けた製品/サービス選定の際に必ず抑えるべきポイントはどこにあるのか、ガートナー ジャパン 鈴木雅喜氏に話を聞いた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る