「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

[2018/06/19 08:00]冨永裕子 ブックマーク ブックマーク

データ分析

ガートナーでは、「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」という「インフォノミクス」の原則を適用するべきだと主張している。このインフォノミクスを提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏である。

本稿では、6月14日~15日に都内にて開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演内容から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

情報は新しい競争優位の”源泉”

米国企業がデータの重要性に気づいたのは9.11のときだったという。しかし今、大切なデータの損失を防止する手段はあるものの、データを資産として評価する方法はまだ確立されていない。

レイニー氏は、貸借対照表に無形固定資産として計上されなくても、何らかの方法で情報の価値を重視している企業は市場に高く評価されていると話す。例えば、CDO(Chief Data Officer)がいる情報に精通している企業の簿価に対する市場価値はそうでない企業の2倍、情報を収益化している企業の場合は3倍になるといった具合だ。

ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏

また、多くの企業が情報から十分な価値を得られていないのは、3つの条件が揃わないからだという。

1つが情報の収益化だ。これは、手持ちの情報から価値を創出し、自社に経済的な利益をもたらすことを指す。もう1つは資産管理の手法を情報にも適用することだ。これは管理会計の手法を使うことが望ましい。最後が価値の測定方法である。測定できないものを管理することはできず、ましてや収益化はできない。「これら3つの条件はつながっている」というのがレイニー氏の主張だ。

インフォノミクスの3つの側面/出典:ガートナー(2018年6月)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3812
2
「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法
「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/06/18/0618Gartner_thumb.jpg
「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る