SBIホールディングス、グループ全体のデータ管理基盤に「MapR」を採用 [事例]

[2018/04/23 15:05] ブックマーク ブックマーク

データ分析

マップアール・テクノロジーズは4月23日、SBIホールディングスがSBIグループ全体のデータ管理基盤に「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」(以下、MapR)を採用したと発表した。

MapRは、オープンソースの分散処理ミドルウェア「Apache Hadoop」をベースにしたビッグデータ管理基盤ソフトウェア。独自の分散ファイルシステム「MapR-FS」を特長としており、無償版の「Converged Community Edition」、有償版の「Converged Enterprise Edition」の2タイプで提供される。

Webアクセスや広告配信、フォーム入力などの履歴データをはじめ、購買履歴や顧客情報といった事業データなど、さまざまなデータソースを持つSBIグループでは、1日当たり数十GBにもおよぶ収集データをいかに効率良く管理・活用するかが課題となっていた。

同グループのデータ管理基盤に使用されていたシステムが、複雑で変化の激しい金融系のデータに対応しきれないことが問題視されたことから、SBIホールディングスが情報収集を行い、MapRに注目。2014年からMapRのConverged Community Editionを利用してテスト運用を開始し、性能・機能の評価を実施した。

その結果、データベースの処理が非常に速く、既存のハードウェアの性能を最適化できること、学習コストも安価に済むことなどから、2017年、Converged Enterprise Editionの採用を決定するに至った。

SBIグループでは現在、34社の広告データ、52サイトのアクセスログといった履歴情報や顧客情報などのグループ横断データを解析基盤に取り込み、ビッグデータ解析や機械学習などの技術を応用しつつ、MapRをマーケティングやプロモーションなどの施策に活用している。将来的にはさらに大規模かつ複雑なビッグデータ解析への取り組みが必要になると見込まれており、マップアール・テクノロジーズは今後も、MapRによってSBIグループのデータ基盤を支援していく予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3663
2
SBIホールディングス、グループ全体のデータ管理基盤に「MapR」を採用 [事例]
マップアール・テクノロジーズは4月23日、SBIホールディングスがSBIグループ全体のデータ管理基盤に「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」(以下、MapR)を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
マップアール・テクノロジーズは4月23日、SBIホールディングスがSBIグループ全体のデータ管理基盤に「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」(以下、MapR)を採用したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る