アドウェイズ、経営管理に「CCH Tagetik」を導入 - 業務効率を向上 [事例]

[2018/03/15 12:40] ブックマーク ブックマーク

データ分析

Tagetik Japanは3月15日、アドウェイズが経営管理ソフトウェア「CCH Tagetik」を導入し、稼働を開始したと発表した。

アドウェイズでは近年、海外事業の展開で国内外に30数社もの子会社を擁したことにより、多通貨・多言語対応が急務となったほか、高まる経営管理ニーズへの対応も迫られていた。

また従来、経営企画担当者がExcelで予算を策定・管理していたため、整合性チェックや集計などに時間がかかり、本来予算主管部門がやるべき分析に十分な時間を割くことができなかったという。

CCH Tagetikの導入により、全社の予算管理及びフォーキャスティング業務を自動化し、業務工数を5分の1に短縮。加えて、プロジェクトごとの収益分析を詳細に行えるようになったという。

アドウェイズは今後のCCH Tagetik活用について、海外子会社の業務ユーザーへの展開や基幹システムとの連携強化も検討し、さらなる経営基盤の強化を目指す。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

事業統合に伴い、迫られた管理会計システムの刷新。その道のりは?

事業統合に伴い、迫られた管理会計システムの刷新。その道のりは?

12月7日に開催された「Oracle CloudWorld Tokyo」のセッションに、ITエンジニア向け派遣で知られるパーソルテクノロジースタッフの経営企画部 経営管理グループ マネージャーの植村具民氏が登壇。「パーソルテクノロジースタッフにおけるPBCS導入と管理会計高度化の取組み - 会社統合に伴う管理会計の再構築と今後の展望」と題し、管理会計システム…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る