FFG、リアルタイム分析ソリューション「SAS RTDM」を導入 [事例]

[2018/01/22 14:40] ブックマーク ブックマーク

データ分析

SAS Institute Japan(以下、SAS)は1月22日、ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)がSASのリアルタイムアナリティクス・ソリューション「SAS Real-Time Decision Manager(SAS RTDM)」を導入したと発表した。

オムニチャネルによる顧客経験の高度化を注力課題の1つとするFFGでは、顧客がいつでもどこでも、快適にサービスを利用できるようリアルタイムにチャネル間で連携し、チャネル横断で一貫したサービスやオファーを提供することが求められていた。

その取り組みの一環として、2008年には福岡銀行でSASのEBMソリューションを導入し、顧客のニーズが発生するタイミングを捉えた商品提案を実現。2013年にはグループ3行にその利用を拡大し、EBMを活用したOne to Oneマーケティングを実現したことで、従来のスコアリングモデルに比べ、反応率が約2~5倍に向上するなどの成果を上げてきた。

今回、さらなる顧客利便性を目指したリアルタイムオムニチャネル実現のため、新たにSAS RTDMを採用し、2017年8月にインターネットバンキングとWeb、メールを、同年11月には営業店CRMおよびコールセンターのリアルタイム情報連携・分析を可能にした。

既存のEBMと組み合わせることで、インバウンド・アウトバウンドの両面からカスタマージャーニーに合わせたマーケティング施策の展開を実現。今後同社は、スマホアプリをはじめ、顧客と接する全てのチャネルとの接続や各種APIとの連携などに取り組みながら、SAS製品の得意とする大量データ処理や高度なアナリティクス機能を最大限に活用し、”真のOne to Oneマーケティング”の実現に向け取り組んでいくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

そのデータ活用は有意義か? IT部門に求められる「変化の実現」へのシフト

そのデータ活用は有意義か? IT部門に求められる「変化の実現」へのシフト

デジタル変革を成し遂げるため、企業は、必要なプロセス、スキル、組織体制をどう整備していけばよいのだろうか。本稿では、10月31日~11月2日にかけて開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2017」で登壇したガートナー ジャパン リサーチ マネージング バイスプレジデント 堀内秀明氏の講演「デジタル・ビジネスに成功をもたらすデータ/アナリ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
Kubernetes入門
RPA入門
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る