日本ウォーターシステム、データ分析プラットフォーム「Qlik Sense」を採用 [事例]

[2017/12/12 18:05] ブックマーク ブックマーク

データ分析

アシストは12月12日、大塚商会が提案し、アシストが製品および技術支援を提供したセルフサービス型分析プラットフォーム「Qlik Sense」を日本ウォーターシステムが採用したと発表した。

日本ウォーターシステムの警報通知システム「Jモニター」では、水圧や流量、温度といった数十項目に及ぶ稼働ログを取得するIoTプラットフォームを整備している。同社は、装置のログ分析によって部品の劣化具合をモニタリングし、部品の交換時期を適切に通知することで、顧客満足度向上やサービスの強化を目指していた。

当初はExcelで集計・分析していたが、サービスレベルの強化や、新たなサービスへの取り組みにあたり、よりスピーディな集計や多角的な分析を可能とする情報分析プラットフォームが不可欠であると判断。そこで大塚商会の提案を受け、2017年3月にQlik Senseの採用を決定するに至った。

選定にあたっては、ビジネス部門でも扱える操作性の高さや、オプション製品の「Qlik NPrinting」を活用することで稼働レポートをタイムリーに社内関係者に共有できる点などが決め手になったという。

日本ウォーターシステムでは、まず装置のログ分析からQlik Senseの活用を始め、将来的にはその他の業務での活用も視野に入れるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

そのデータ活用は有意義か? IT部門に求められる「変化の実現」へのシフト

そのデータ活用は有意義か? IT部門に求められる「変化の実現」へのシフト

デジタル変革を成し遂げるため、企業は、必要なプロセス、スキル、組織体制をどう整備していけばよいのだろうか。本稿では、10月31日~11月2日にかけて開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2017」で登壇したガートナー ジャパン リサーチ マネージング バイスプレジデント 堀内秀明氏の講演「デジタル・ビジネスに成功をもたらすデータ/アナリ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る