日立建機日本、クラウド型データ統合ツール「uSonar」を導入 [事例]

[2017/11/16 17:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

ランドスケイプは11月15日、同社のクラウド型データ統合ツール「uSonar」を日立建機日本が導入したと発表した。

日立建機日本では、事業の拡大を目的にグループ会社で統合を繰り返した結果、マスタデータが増大。ランドスケイプがデータ診断を行ったところ、改良ポイントが明確になり、マスタデータの自動整備・一元化を実現するデータ統合ツールとしてuSonarの導入に至った。

ランドスケイプが保有する企業データベース「LBC」を内包するuSonarでは、共通コード(LBCコード)を付与することで、マスタデータの一元化を実現する。企業名や住所の変更情報、倒産情報といったデータとの日次連携によりデータ品質を保持するほか、略称名から正式社名へ変換するナレッジなどを搭載する。

今後日立建機日本は、名刺をスマートフォンで撮影するだけで正確にデータ化・企業属性を付与し、マスタデータへ自動的に登録する名刺管理アプリ「u名刺」の導入も予定しているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3262
2
日立建機日本、クラウド型データ統合ツール「uSonar」を導入 [事例]
ランドスケイプは11月15日、同社のクラウド型データ統合ツール「uSonar」を日立建機日本が導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ランドスケイプは11月15日、同社のクラウド型データ統合ツール「uSonar」を日立建機日本が導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る